500,000=50万=500K。Kって何ですか?

05/16/2011 / 11:05
500,000=50万=500K。Kって何ですか?

今日は朝からひどい雨のブルックリンだったんですが、午後になるにつれ徐々に雨は上がり晴れ間が除き・・・夕方には晴天となりました。夏の到来を感じさせる陽気です。

さて先日、「Kって何ですか?」というご質問をいただきました。

$500,000の読み方をカタカナで無理やり書くと「ファイブ・ハンドレッド・サウザンド・ダラー」英語でいうと結構長いです。ですので例えば会話が物件の価格を話題にしているのであれば、頭の部分の「ファイブ・ハンドレッド」だけをとって・・・

― あのパークスロープの庭付きコンドいくらだったっけ?
― セブン・エイティー(780)だったんじゃない?
― えっ結構手ごろな値段だね!
― でも2nd に庭付きでセブン・サーティー(730)ってのもあるよ。

という感じの会話になります。そして、書くときには760Kというように「K」とつけたりするわけですが、実はこれ「キロ」ということで・・・1000を意味します。

ですので、300Kと書いてあれば、300,000のことであり、書くだけではなく「スリー・ハンドレッド・ケイ」とケイを発音することもあります。

― 年収は大体80Kだから物件の予算は450Kくらいじゃないかと思うんです。

というように使います。ただ「~万ドル」という表現に慣れている場合には上の文章は・・・

― 年収は大体8万ドルだから物件の予算は45万ドルくらいじゃないかと思うんです。

となり・・・もし両方の表現が会話で混ざると、やはりちょっと分かりづらいかも知れません。

物件の価格やモーゲージの計算はもとより、不動産の不動産の購入においては数字が数多く出てきますので、できるだけ「ハンドレッド・サウザンド・ダラー」や「K」という言い方に慣れ、慌てることなく取引を理解することが大切です。

ちなみに1ドル100円(実際には既にそんな価値はドルにはありませんが)で考えれば、500Kは5000万円・・・やはり日本人、そう言われると何か一気にピンときたりもしますよね。

, ,

Service Menue

マンハッタン, ブルックリン、クイーンズで不動産ご購入やご売却をご検討の方はこちらからお気軽にご相談ください。

- 不動産「ご売却」のお手伝い
- 不動産「ご購入」のお手伝い
- 不動産価値の「無料査定」
- 「投資」物件ご購入のご相談
- 買い替えのご相談・お手伝い
- レンタル物件の「テナントさん探し」
- 大家さん代行サービス
- NY不動産に関するご相談全般

AUTHOR PROFILE

Author Photoニューヨーク不動産のスペシャリストとして大手不動産会社コーコラン(The Corcoran Group)に勤務する傍ら、ブルックリンでの日本語子育て支援活動にも奔走する松本哲夫の個人ブログ。About me

NYCfudosan.com

私自身がエージェントとして皆様のニューヨーク不動産のご売却・ご購入をお手伝いいたします。
詳細はぜひ NYCfudosan.com をご覧ください。

Search

ニューヨーク不動産通信

不定期発行のニュースレター「ニューヨーク不動産通信」では業界裏事情やウェブサイトでは書かないニューヨーク不動産情報をお届けしています。