ニューヨーク不動産マーケットリポート6月

07/14/2012 / 05:05
ニューヨーク不動産マーケットリポート6月

いつも多くのご質問やお問い合わせを頂きありがとうございます。随時お返事を差し上げておりますが、先週、先々週と中々取れず申し訳ございませんがお返事が遅れております。今週ご連絡をいただきました方々に関しては必ず週明けにご連絡差し上げますので今しばらくお待ちください。

さて、活況が続いているニューヨークの不動産マーケットですが6月の数字が出ましたので検証してみたいと思います。

マンハッタンマーケット
コープは除き、コンドミニアムのみの数字を見てみたいと思います。
昨年同月対比を見た場合、1SqFt当たりの値段は3%の上昇を見せており、マンハッタンの不動産価格は上昇傾向であるものの、全成約・販売物件における平均・中央価格はそれぞれ6%、11%の下落と、バイヤーが希望する購入価格帯は若干低くなっていることがわかります。

また、マーケットに出てから何日で販売されるかというDays on Market ですが、昨年は200日以上かかっていたのに対し、現在は113日と大幅に短縮されています。成約から実際の販売までは2-3ヶ月程度かかることを考えると、物件がマーケットに出てから成約するまでには1ヶ月前後しかかからないということを意味しています。

さらに、これは数字には出ておりませんが、モーゲージを使わず現金で購入するバイヤーが多いことも影響しているものと思われます。

1SqFt当たりの値段、つまりマンハッタンでの不動産価値の変動をサイズごとに見てみたのが以下のグラフです。これを見るとスタジオアパートと2ベッドルームアパートメントが飛びぬけて上昇する結果となっています。

ブルックリンマーケット
物件数がマンハッタンに比べて少ないこともあり、ブルックリンではコンドとコープをあわせた数字となっております。実際にはコンドのみで見た場合には、その人気からコープマーケットと比べ圧倒的に数字が上昇しますので注意が必要です。

まず不動産価値の指標である1SqFt当たりの価格ですが、なんと昨年同月対比で16%の上昇を見せています。平均・中央販売価格もそれぞれ14%、4%と上昇を続けています。

またアスキングプライス(物件の価格)からどの程度値引きされて販売されたかを表すDiscount from Last Ask to Sale では昨年に比べ半分の1.2%という数字になっています。これは例えば$500,000の物件があった場合、価格交渉をしても6000ドル(500Kの1.2%)しか下がらないということであり、マンハッタンの物件が3.8%であることと比べても際立っています。

それぞれのサイズごとの不動産価値の変化を1SqFt当たりの価格で見た場合、1ベッドルーム及び3ベッドルームの価格が大きく上昇する結果となっています。

 

まとめ
数字というのはいつも後から結果として出てくるわけでそこから未来を予想することは出来ませんが、現在のマーケット傾向は明らかに「セラーズマーケット(売り手市場)」であるといえます。

マーケットに出回っている物件数を考えても、セラーの方にとっては効率のよい売却が出来るいいタイミングであり、逆にバイヤーの方にとっては、価格交渉が非常に難しいこと、あるいは人気のある物件には多くの購入者が群がり結果として価格が上昇する可能性もあることを認識する必要があります。

そう考えるとバイヤーの方にとって不利のように聞こえますが、実はそうではありません。というのも、例えば同じような傾向があった2007年前後の不動産バブル期にはモーゲージの金利が6%以上であったのに対し、現在はなんと30年の固定金利ローンで、3.5%という商品も出てきているからで、結果として数年前と比べると、圧倒的に安いコストでの物件購入が可能だからです。

何れにしても、マーケットの様相は数年前どころか1年前とも全く異なっておりますので、売却プラン・購入プランを十分に検討し、マーケットにあわせたフレキシブルな動きをすることが重要といえます。

, ,

Service Menue

マンハッタン, ブルックリン、クイーンズで不動産ご購入やご売却をご検討の方はこちらからお気軽にご相談ください。

- 不動産「ご売却」のお手伝い
- 不動産「ご購入」のお手伝い
- 不動産価値の「無料査定」
- 「投資」物件ご購入のご相談
- 買い替えのご相談・お手伝い
- レンタル物件の「テナントさん探し」
- 大家さん代行サービス
- NY不動産に関するご相談全般

AUTHOR PROFILE

Author Photoニューヨーク不動産のスペシャリストとして大手不動産会社コーコラン(The Corcoran Group)に勤務する傍ら、ブルックリンでの日本語子育て支援活動にも奔走する松本哲夫の個人ブログ。About me

NYCfudosan.com

私自身がエージェントとして皆様のニューヨーク不動産のご売却・ご購入をお手伝いいたします。
詳細はぜひ NYCfudosan.com をご覧ください。

Search

ニューヨーク不動産通信

不定期発行のニュースレター「ニューヨーク不動産通信」では業界裏事情やウェブサイトでは書かないニューヨーク不動産情報をお届けしています。