チェルシーはマンハッタンの中でも今最も激しく開発が進んでいるエリアです。

ハイラインがこのエリアの価値を大きく変えたことは疑いがありませんが、このハイラインは将来的にはハドソンヤードデベロップメントとつながりますので、その開発と共に、ますます周辺地域の不動産価値とライフスタイルに変化をもたらすはずです。

そんなハイラインの真横のニューデベロップメントが写真にある、500W21

私の勤務するコーコラングループの開発会社であるコーコランサンシャインによるハイエンドコンドミニアム開発であり、つい先日社内で販売開始のアナウンスメントがありました。

24時間コンシェルジュサービスはもちろんのこと、フィットネスセンター、クラブルーム、キッズルーム、パーキングなどを備え、各ユニットは1000SFから4000SFの32ユニットという贅沢なつくり。

KOHN PEDERSEN FOXによる設計とMARK ZEFFによるインテリアデザインというワールドワイドな顔ぶれによる開発で、気になる価格の方は2Mから16Mとなります。

入居は2015年の予定となっていますが、特別に作られたセールスオフィスで見学が可能ですのでご興味ある方はぜひご連絡ください。