Highest & Bestって何ですか?

04/21/2016 / 22:48
Highest & Bestって何ですか?

Highest & Best(ハイエスト・アンド・ベスト)というのは、売り出されている不動産物件に複数のオファー(入札)が入ったときに行われる物件の販売方法の一つで、現在のようなセラーズマーケットでは非常によく見られます。

例えばアスキングプライスが500Kのコンドユニットが売りに出されたとします。最初のオープンハウスに50人以上の人が訪れ、その日のうちに3つオファーが入りました。

その後、週末に見られなかったという購入希望者からの問合せに答え、平日の夕方に再度オープンハウスを行い、また30人ほどのバイヤーが物件を見て、さらに5件のオファーが入ったとします。

オファーの内容はアスキングプライスと同額の500Kが3件、それ以下が3件、そして500K以上のオファーが2件入ったとします。

このような状況ではセラーのエージェントはセラーに対し「アスキングプライス以上のオファーが複数は行っているのでHighest & Bestを行いましょう」と提案し、セラーの合意のもとHighest & Bestがコールされます。

具体的には、これまでオファーを入れてくれたバイヤー、オープンハウスに来て連絡先を残したバイヤー、そしてブローカーのコミュニティに対して、ファイナルオファーを入れる締め切りをアナウンスされます。

これまでオファーを入れた人がオファーの額を変えることも、新たにオファーを入れることも出来ますが、誰がどんなオファーを入れているのかは一切開示されません。

締め切りとなったら全てのオファーの中から、ベストオファー(ハイエストオファーではないことがあるのがポイントで、これが名前の所以でもあります)が選ばれ、そのオファーがアクセプトされるというわけです。

通常このような形でオファーがアクセプトされた場合、バイヤーには契約書サインまで3~5日程度が与えられ、もしそのバイヤーがサインをしなかった場合には、次のバイヤーへとアクセプトオファーが移ることになります。

実はHighest & Bestはここ数年で広まった方法です。不動産ブームと言われた2007年前後、マーケットは今以上に売り手マーケットであり、ニューデベロップメント、リセール問わず、オープンハウスはどこもバイヤーで溢れていました。

そのとき、セラーやセラーのエージェントはバイヤーの購買欲を利用し、バイヤーのオファーが入ると「他にもう少し高いオファーが入っています。価格を上げられませんか?」と持ちかけ、その後もう片方のバイヤーに「あなたのオファーより高いオファーが入りました、このままでは負けてしまうので価格を上げられませんか?」などと持ちかける価格の釣り上げが横行しました。

当然多くのトラブルが発生したわけですが、その後NYCの不動産業界はネットの普及と共に急速に透明化が進み、現在では複数オファーが入った場合にフェアに取引が進むようこのようなサイレントオークション方式が導入されたというわけです。

このHighest & Best はフェアではありますが中々奥が深く、バイヤーとしてオファーを入れる場合には、マーケットでアクティブに活動している経験豊かなエージェントと共に臨む事が重要です。

, , , , ,

Service Menue

マンハッタン, ブルックリン、クイーンズで不動産ご購入やご売却をご検討の方はこちらからお気軽にご相談ください。

- 不動産「ご売却」のお手伝い
- 不動産「ご購入」のお手伝い
- 不動産価値の「無料査定」
- 「投資」物件ご購入のご相談
- 買い替えのご相談・お手伝い
- レンタル物件の「テナントさん探し」
- 大家さん代行サービス
- NY不動産に関するご相談全般

AUTHOR PROFILE

Author Photoニューヨーク不動産のスペシャリストとして大手不動産会社コーコラン(The Corcoran Group)に勤務する傍ら、ブルックリンでの日本語子育て支援活動にも奔走する松本哲夫の個人ブログ。About me

NYCfudosan.com

私自身がエージェントとして皆様のニューヨーク不動産のご売却・ご購入をお手伝いいたします。
詳細はぜひ NYCfudosan.com をご覧ください。

Search

ニューヨーク不動産通信

不定期発行のニュースレター「ニューヨーク不動産通信」では業界裏事情やウェブサイトでは書かないニューヨーク不動産情報をお届けしています。