久しぶりのポストになります。前回のポストが6月のセミナー直後でしたので約2ヶ月半ぶりの更新となります。

夏は不動産マーケットがスローダウンするのが例年なのですが、今年はどうしたことか非常に活気のある夏のマーケットとなっています。

私自身もこの2ヶ月半の間、セラー(売主)のクライアントの方に依頼され販売を手がけていたパークスロープのコンドユニットNovo: 343 4th Aveは販売完了、また同じくパークスロープの 560 Carroll Stは成約済み。さらにプロスペクトレファーツガーデンのコンド59 Hawthorne St 、またクイーンズのコープ110-21 71st Ave も成約済みとなりました。

どの物件もマーケット適正価格でのリスティングでしたが、リスティングして直ぐにマーケットからの強い反応があり、その後複数のオファーが同時に入ったことが特徴であり、マーケットの強い動きを感じる夏となりました。

また、この週末にはダウンタウンブルックリンの人気ビルディングである189 Schermerhorn Stの1-bedroomユニットのファーストオープンハウス、その後にはLIC(ロングアイランドシティー)の2-bedroom コンドの販売を予定しており、どちらもマーケットの反応が楽しみです。

もちろん売主の方のお手伝いだけではなく、休み明けの今週からはバイヤークライアントの方のための物件購入のお手伝いもいよいよ本格化する予定です。

秋のマーケットは期間が短く、Rosh Hashanahなどの祝日もありますので、バイヤーの方にとっては素早い判断が求められる難しいマーケットではありますが、マーケットの状況に合わせた購入のための作戦を練り、準備をしっかりすることで、よい買い物をすることが可能です。

いよいよ2017年も終盤、秋の不動産は来年春のマーケットにも繋がる重要なシーズンですので、ご自宅や投資物件の販売を考えられている方、またマイホームやレンタル物件の購入を考えられている方もお気軽いご連絡ください。